スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

abbey

ひゃっはーい。2週間放置。
一応受験生とかやってます。

そんな中こっそりと青山円形に「abbey」観に行ってまいりました。
終了して結構経ってますが(ごめんなさい)
皆様お疲れ様でございました。

まぁ感想は続きへ。
結構マイナスな事を書き連ねそうなので
「abbeyすっごい良かった!!最高だ!」と思っていらっしゃる方は不快になるかもです。
読まない方が良いかと思います。


完璧なる円形劇場は初体験だったのでなかなかそわそわしました。

思っていたよりも小さな劇場で正面のブロックのお客さんたちが芝居中にも目に入るのがちょっと集中乱されたかなーとは思いましたが。
いろんな角度からの楽しみ方があったり、壁になった気分になったりでそこは面白かったです。


最近ほっといた罰か1回のみの観劇が丁度良く森山さん背中ポジションでして(笑)

距離は近いが見せ場は背中。みたいな。

ちょっと残念でした。近いのは嬉しいというのはあるけど!
違う角度でもう一度観たかったな。いや、森山さんだけじゃなくストーリーをもう一度追いたいというのもあります。

我慢我慢。

あ、爪が黒いのが気になりました(笑)

さて感想。




最初に言ってしまうと。私は今回はちょっとダメだった部類です。
自分自身が音楽をやっているからということもあるのでしょうかね…?

なんか。
音楽何だと思ってるんだ、的な。
ちょっとむかついてしまった。
プロでやっている人の視点で見るとそうなのかな。
聴いてくれる人の事をまったく考えていないし、自分達の音楽に対しての気持ちが見えない。


芝居自体は「生身」っぽい芝居で良かったと思います。
気を抜けない。

空気感とかがやはり和田憲明さん演出という事で…重い…というか…?
和田さんの舞台は皆さん程は観ていないのでまだ良くわかってませんが。
セリフでは解らないところで「ああそうか!!」と解る瞬間があったりして好きです。

でも今まで観た「六悪党」、「エンディングノート」のようにあの何とも言えない喪失感は今回は無かったです。
脚本の方が女性だからかな。思ったよりもライトだった。

うーん、ライトにして欲しくなかった部分は大分あるけど…。
結局最後とか…丸投げって言ったら言葉が悪いですが…。

彼らにとって音楽って。とか仲間っていうかそういうのとか。何だったんだと。
加藤君の…コージでしたっけ。とかはキョーヘイと音楽に助けられたわけじゃないですか。


なんと言っていいかわからないのですが結構ガッカリしました。
腑に落ちない…というか。


でもシーンごととか演出とかではすごく好きなところもあったりして。

ドアとか鏡とかすごく面白かったですねー。
丁度鏡を覗き込む先に座っていたのでドキドキしました(笑)

「演劇的」ですね。無いものがあるように見える。

あと最初のはビックリしました。いつからいたんだろう…。


シーンで言うとルイが出てきたあたりとか。シンスケとの距離感がある絡みが面白かった。
あとルイと坂本の妙な空気も。気になる。

唯一女性ということもあり?結構ルイが出ているところが印象的だったかも。

あと坂本と佐藤のやりとりとか。ピリピリしてて。


はい。そんなかんじです。収拾つかなくなってきた。

もう一度観たらまた違った感じ方をしたかもなー。
私は割りと舞台とか映画とか大体は「受身」姿勢の観方なのであまり「ダメだ…」と思うことは無いので。
こういう気持ちになったのははじめてかもしれない。

自分寄りのジャンルだと自分の主観が入っちゃうから受け入れるゾーンが狭いのかも。
ただ単に深いところを理解できてなかったのかもしれないけど。

DVDは会場でしか予約できなかったのかな。買える時に買えそうだったら買ってみます。


さて。
そんなマジ芝居の余韻もそこそこに次は*pnish*on6なのですね。早いなー。
またしても年末ギッチリな皆さんですが。本当に身体には気をつけていただきたいです。

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ちょっぱ~

Author:ちょっぱ~
■8月5日生まれしし座なA型

■*pnish*(特に森山栄治)追いかけ中。

■メールアドレス
choppa_pni*yahoo.co.jp
*→@



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。